【After Effects】作ったテロップをPremiere Proに入れる方法

2020年2月24日

こんにちは。
前の記事の続きです。Premiere Proでギャルゲーのような一文字ずつ表示するテロップは作れませんでした。

 

タイプライター風テロップはAfter Effectsで作れることがわかりました。

今日はAfter Effectsでその作ったテロップをPremiere Proに入れる方法です。

Premiere Proで実際こんな感じです↓↓↓

 

ではいきます。

 

【Adobe After Effects】作ったテロップをPremiere Proに入れる方法

 

1.「》」(赤枠)からエッセンシャルグラフィックスを選択します

(選択しても出ない場合は、画面上部「ウィンドウ」タブから直接選べます。)

 

2.「ソーステキスト」(赤枠)をエッセンシャルグラフィックスにドラッグ&ドロップします。

(「マスター」は入れたいテロップと同じコンポを選びます。違うとエラー出ます。)

 

3.名前を決めて、「モーショングラフィックステンプレートを書き出し」を押します。

保存先(ローカルテンプレートフォルダー)で「OK」押します。互換性もこのままで。

 

After Effectsでの作業はここまでです。

あとはPremiere Proへ行き、エッセンシャルグラフィックス→参照のなかに、よく探すと作ったテロップがあります。

 

基本的にはこれで終了です。

ただこの「ギャルゲーのようなテロップ」、実際使うと僕は上手く使えませんでした。

なので少しいじくりました。

ここからは我流です。読まれる方へ。ごめんなさい。

 

テロップの表示速度

 

 

「表示速度」なのですが、

「ギャルゲーのテロップって基本的に速さ同じよな…」と思ったので、いちいち変える必要がないことに気付きました。

なので上の動画のように、1秒15に。デュレーションも4秒に変更しました。

 

キーフレーム(◇)で表示速度調整できます↓↓↓

 

デュレーション最初30秒でしたが「1秒ちょっとで表示されるのに30秒も要らない」ので

「コンポジション」タブ → 「コンポジション設定」 → 「デュレーション:0;00;04;00」  にしました。

 

テロップの表示時間

 

「テロップの表示時間」→ 赤いバーで調整できます。

基本的にデュレーションと同じ長さ(秒数)で問題ないです。

 

デュレーションと同じ長さ(秒数)ではないバージョン、動画を交えて説明します。

 

・デュレーションと同じ長さ

 

・デュレーションと同じ長さではない

 

上の動画は、デュレーション(4秒)とテロップ表示時間(4秒)が一緒なので問題なさそうです。

下の動画は、テロップが途中で消えるので違和感があります。

 

以上です。ありがとうございます。

使用素材: SOZAI GOOD様 「リアルな桜並木トンネルの綺麗な背景無料イラスト64472」